DHP歯科医師(医師)向けセミナー マスターコースご案内 ~この研修プログラムは歯科医師の方が対象となります~

歯科に対する嚥下障害の治療のニーズが高まっています。とくに在宅や施設では歯科以外に嚥下を担当する科がなく、歯科に対する期待は非常に大きくなっています。
しかしながら、在宅や施設では検査のスタンダードと言われる嚥下造影検査(VF)を行うことは難しいのが現状です。
そういった理由から「積極的な嚥下治療に踏み切れない!」といった声を聞きます。

嚥下内視鏡検査(VE)は、最近になり急激に広まりつつある嚥下機能検査であり、誤嚥の診断についてはVFと同程度の検出力があるとされています。また、検査機器ユニットが小規模かつ安価であるため、歯科医院や訪問診療(もちろん病院歯科でも)で取り入れやすいという大きな利点があります。

今回のセミナーは、そのVEを1日でマスターするための、全国初の歯科医師向けの実習付きセミナーです。
このセミナーを受ければ、具体的な手技、診断法、リスク対応まで身につく内容となっています。

歯科にとってVEは非常に有用であり、強力な嚥下治療の武器となります。
一歩進んだ嚥下治療のために、VEをマスターしましょう!

開催日時 2017年8月6日(日) 9時30分~18時00分
受付9:15 / 開始9:30 / 終了予定18:00
受付期間 2017年7月2日(日)正午~2017年8月5(土)まで
(定員になり次第締め切りとさせていただきます)
申込み方法 お申込みフォーム
お申込みフォームはこちら
申込みに関する
注意事項
  • 携帯からのお申込みはご遠慮下さい、文字化け等によりお申し込みが出来ない場合がございます
  • フリーメールや携帯メールの場合、「npo-dhp.org」のドメインを受信できるように設定して下さい
  • 先着順の為、確認メールがお手元に届いた時点で、正常に受付が完了となります
定員 12名
場所
所在地
〒530-0015 大阪市北区中崎西2-4-12
梅田センタービル 16階 CD会議室
TEL:06-6373-9981(ダイヤルイン)平日9:00~17:30
FAX:06-6373-9983
交通のご案内
・阪急電車 梅田駅 徒歩約6分
・地下鉄 梅田駅・東梅田駅 徒歩約6分
・JR 大阪駅 徒歩約9分
・阪神電車 梅田駅 徒歩約9分
・地下鉄 西梅田駅 徒歩約9分


大きい地図はこちら

受講資格 DHP歯科医師対象嚥下研修初級または中級修了者、もしくはそれ相当の嚥下臨床の知識と経験があると判断された歯科医師 (必要に応じてこれまでの臨床レポート等を提出して頂きます)
講師 大阪大学大学院 准教授 野原幹司、他3名
受講料 7万円 / 1名
受講日までに指定の口座までお振込下さい。 お申し込み後、郵送する詳細ご案内をご覧下さい。
受講特典 嚥下内視鏡説明用パネル
テキスト(非売品) 研修修了後に筆記試験と実技試験を行います。
試験に合格すると修了書を交付します。
御希望の方は当NPO法人HPにお名前を記載します。
講義内容
嚥下内視鏡について
嚥下内視鏡に必要な解剖
検査の手順
所見の取り方、診断法
リスクマネジメント
内視鏡の応用
実習内容
内視鏡操作
経鼻内視鏡挿入
経鼻内視鏡挿入
ご不明な点等ございましたら、下記までお問い合わせください。
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-8 国立大学法人大阪大学歯学部4階
NPO法人 摂食介護支援プロジェクト
メールでのお問い合わせはこちら

ページトップへ